正しい保湿を心がけよう

正しい洗顔を行った後は、しっかり保湿を行ってあげることが大切です。洗顔のみで何もケアしないことは、歳を取った時の肌のことを考えれば、自殺行為といえるかもしれません。

正しい保湿

洗顔後は、まず化粧水で肌に不足した水分を補ってあげます。手にとって直接つけても問題ないですが、コットンにとり、軽く叩くようにして肌に馴染ませてあげたほうがいいでしょう。ただし、質の悪いコットンは逆に肌を傷つける恐れがあるので、なるべく肌にやさしいものを選ぶようにします。

満遍なく化粧水を馴染ませた後、1~2分ほどおいて、もう一度化粧水を馴染ませてあげるとさらに効果は高まります。また、目の周辺など乾燥しやすい箇所があれば、そこも重点的にケアしてあげましょう。

化粧水の後は美容液で栄養を補ってあげます。美容液には、美白、シミ、シワなど、特別な効能をうたった化粧品もあります。自分にあったものを選んでみましょう。

最後に乳液やクリームで、肌に油分を補いつつ、水分が蒸発しないよう肌にふたをしていきます。乾燥肌の人は若干多めに、脂性肌の人は少なめになど、自分なりに調整していきましょう。

化粧品を使う順番は、化粧水→美容液→乳液(クリーム)が基本的ですが、化粧品によってこの工程が前後する場合があります。お手元の化粧品の説明書きには目を通しておくようにしましょう。

どろあわわ → 定期コースで【初回半額】透明感・潤い・毛穴つるるん

フィード